ローンの金利計算方法

ローンを比較する時は誰もが金利を重視して利用します。
少しでも安い金利のローンを利用する事で返済額に含まれる利息を減らす事が出来るからなのです。
ローンの利用を考える前に総量規制対象外のローンについても知っておきましょう。
借りルールでは主婦の方でも借りられる総量規制対象外のカードローンについて詳しく紹介しています。

最近は、それぞれの金融機関のホームページの中に返済シミュレーションが設けられており、計算をしなくても月々の返済額や返済額に含まれている利息を知ることが出来るようになっています。
これを利用する事でローンを利用する際の返済計画に役立てることが出来るのです。
ローンには実質年率と言うものが在ります。
実質年率と言うのは、1年間で考えた場合の利息の事を意味しており、実質年率を365日(うるう年では366日)で割る事で1日や30日間の利息を知る事も出来るのです。

例えば、100万円を実質年率18.0%で借りた場合では、100万円×0.18÷365日=493円になります。
この493円と言うが実質年率18.0%の時の1日当たりの利息になるのです。
因みに、実質年率を12.5%にすると、100万円×0.125÷365日=343円になります。
この二つを比較してみても、実質年率が低い方が返済に含まれる利息は少なくなるのです。
但し、利息は借入残高の合計と言う形になりますので、元金が減る事で利息は少なくなるのです。

繰り上げ返済を行う事でローンの元金を減らす事が出来ます。
元金が減る事で利息の支払額も軽減する事が可能になるのです。

尚、利息の計算と言うのはローンを利用する上で必ず行わなくてはならない物ではありません。
先ほど説明を行ったように返済シミュレーションを利用すれば、利用限度額や実質年率、返済期間などの情報を入力すれば一瞬のうちに金額などを弾き出してくれます。
但し、利息がどれだけ必要になるのかと言った事をふと考えた時に、これを覚えておけば役立つのです。

ローンを利用する時は金利を注目することで返済額に含まれる利息を減らし、月々の返済が楽に行えるようになるという事なのです。