金額別に紹介するお金を借りる人の理由!50万円以上:投資

キャッシングで50万円以上お金を借りる人の中には、借りた金を投資に回す人も居ます。投資にも色々あるけど、キャッシングをしてまで投資をするとなると、だいたい株とかFXになります。

株ならキャッシングして借りた金を直接株の購入に回したり、信用取引の証拠金として使ったりします。そして信用取引の証拠金が不足して、追証が発生した場合なんか、追加入金の為にキャッシングして資金を調達したりします。そして調達した資金は反対売買して取引が清算されるまで引き出せないから、その間借金をしたままになります。

FXも同じように取引の証拠金として、50万円以上キャッシングして証拠金に当てたり、証拠金が不足して追証が発生すると、追加入金の為にキャッシングしたりします。そして株と同じく取引を清算するまで、資金を引き出せないから、借金をしたままになります。

株もFXも資金が多ければ多いほど、投資での成果を上げやすいので、借金をしてまで投資するのは別に珍しいことでは無いです。
しかし、借りた資金の金利を考えれば、安易に借りてまで投資する人は少なく、予想が外れて証拠金が不足して追証が発声した時みたいに、やむを得ない場合の時だけキャッシングしてまで資金を用意するみたいです。

借金してまで投資って、成果が出ればいいのですけど、逆に失敗したら50万以上も借りてまでやるのだから、損をしたら大変でしょう。損をしても金利も返済額も減らないのですから。